ゆっくり眼るための夜の対策方法

今日は、上質の深い睡眠を得るための方法を書きたいと思います(^-^)
 睡眠障害は、睡眠の質に気を使うことはありますか?
 私はどちらかというと、睡眠については気を配る方だと思います(^^)
 というのも、深く眠った日とそうでない日の翌日には気力・体力・思考能力的に、雲泥の差があるからです。
 科学的には、人間の体は、温まった状態から、体温が少し下がるときに質の良い深い眠りに入りやすいそうです。
 なので、私は、よく足湯を活用します。
 桶の中、もしくは足湯用のバケツに自分の好みのお湯を入れるだけです。
 あとは、しばらくの間のんびりと足を浸けておくと、ちょうど良いくらいに身体がぽかぽかに温まります^^
 ほんの数分の短い時間でも、充分に効果があります。
 あと、お家に入浴剤があるときには、それを少し入れて足湯をすると、保温効果がより高まり、入浴剤の香りで、よりゆっくりとリラックスできます。
 本当に簡単ですが、効果は抜群なので、オススメの方法です。
 よかったら、是非一度試してみてくださいね!^^!